三大キャリアから格安sim乗換えに必要な手順について

このところブログの記事を更新していなかったのは、このブログのデザインを変更する作業があったり、友人・知人のITサポートが続いたこと、それにお花見を口実に連日友人たちとおしゃべりを楽しんでいたことが原因だ。コロナ禍にあっても今年はお花見や散策には最適なお天気が続いているのがうれしい。

話題に上るのはスマホの乗換え

さて、この時期につきものの友人たちとのおしゃべりは引越しのことやITに関すること。特にIT関連は今春三大キャリアの新プランが発表されたことから、今まで乗換えを渋っていた人たちもいよいよ重い腰を上げた様子。

この種のことは私の得意とする分野なのでひとりひとりお手伝いしたいのはやまやまなれど、今までの数多くの経験からするとサポートするにはかなり手間取ることが多い。手続きそのものは以前この記事にも書いたとおり、転出&転入手続きすべて(説明+理解+作業含む)で2時間程度で完了するのでそれほど手間のかかることではないのだけれど.....

友人の携帯契約をIIJmioに乗り換えた!(1)

昨日、友人の携帯契約をドコモからIIJmioに乗り換え手続きを行った。新しい携帯と通話付きのsimカード、それにデータ専用のsimも3、4日で自宅に届く予定…

乗換えの手順(概要)

事前準備

上に書いた以外に一番時間のかかる作業は以下のようなことなので、これは少し前から準備しておく方が良いと思う。

1.キャリアメールが使えなくなるので他のメールアドレスを持っていない人は新規にGoogleやYahoo!などのフリーメールアドレスを取得し、友人・知人に周知しておく。

2.携帯の契約だけでなく他のサービスも同じキャリアで契約している場合、そのサービスを他社に移すのかそのままにしておくのか、またポイント等がたまっている場合にそのポイントを使い切るかどうかなど必要に応じて対処。

3.web上の手続きでログインするために必要なユーザーIDがわからない、パスワードを忘れたなどの場合は何としてでも見つけておく。(これが意外と多いのが作業が進まない原因かも)

4.移行まで使わないものは早めにデータをバックアップしておくと良い。バックアップ専用のアプリなどを使うとかなり楽。ただしAndroidかiPhoneかでバックアップできるものが異なったりするので要注意(A→i,i→Aの場合はLINEのトーク履歴が引き継げないなど)。

★ただし使用頻度が高いアプリのデータは移行直前にバックアップした方が良い。

以上のことを準備したりメモを取ったりした上で転出作業を行うことになる。

【追記】SIMロック解除について書くのを忘れたので追記します。momoからひとこと-アイコン

3大キャリアとの契約時にスマホ本体も一緒に購入した場合は他社では使えないようSIMロックがかかっています。格安SIMを使う場合は基本的にはこれを解除する必要があります(不要な場合もある)。SIMロックを解除できるのは2015年4月23日以降発売された機種なので、それ以前に購入した機種はロック解除しなくても済む会社と契約するか、買い替えを検討しましょう。解除の手続きはショップでは3300円(税込)の費用が掛かりますが、それぞれのwebサイトから自分で行えば無料です。まずは自分の使っている機種のSIMロック解除が必要かどうか、移転先の会社のwebサイトで確認することから始めましょう。

 

MNPの予約番号入手

(注)MNP(Mobile Number Portability)とは今の電話番号そのままで他社に乗り換えること。

契約しているキャリアのwebサイトでユーザーIDでログインし、指示に従ってMNPの手続きを行う。取得した番号は有効期限が二週間程度なので、できれば移行直前(1~2日前)に取得した方が何かと安心。そして取得したMNPの予約番号はSMSなどの方法を使って届くのでその番号を大切に保存しておくこと。

MNPの予約番号は電話やショップでももちろん行えるが、私は断固としてwebサイトで行うことをお勧めする。なぜなら待ち時間が長かったり、余計な注意事項やら営業トークなどを聞かされずに済むから。注意事項は冷静に時間をかけて自分に不利なことがないかよく読んで理解しておくこと(もし説明がわからなかったらコメント欄で質問してね)。web上からの申し込みなら数分で完了。

因みに3大キャリアのMNP予約番号の取得は以下のリンク先で行う。わざとたどり着きにくい仕様になっているので要注意 !

ドコモ

このページを開き MNP予約番号→パソコン→お手続き→dアカウントで手続きする

au

このページを開き MNP(auから他社へのお乗りかえ)のお手続き→WEBでのMNPのご予約→My auへのログインはこちら→au IDでログイン

ソフトバンク

このページを開きずーっと下の方にある「MNPのお手続き方法」→ウェブ「My SoftBankでお手続き」をクリック(9時-20時)

 

移転先の格安SIM会社との契約

移転先の格安SIM会社との契約は3大キャリアのショップで契約するのと違って時間もかからずとっても簡単。特にありがたいのは余計な営業トークを聞かされずにすむことや、契約内容、契約料金がとってもシンプルでわかりやすいことだろう。三大キャリアの請求書のわかりにくさに辟易していた人はたぶんビックリするはず。

例えば私が推奨しているIIJmioの新規申し込みページはこんな具合。今はまだ旧プランでの申し込みになっているが、4月1日からは新料金プランでの申し込みページに変更されるはずなので少し待った方が良いと思う。私も2GB780円のギガプランに変更するつもりで楽しみに待っているところ。

またこのIIJmioとの契約はビックカメラ等いくつかの量販店でも手続き可能(即日開通OK)なので、対面で契約したい人はそちらの利用を考えても良いのでは? ビックカメラでsimを購入すると全国に10万スポット設置のギガぞうWi-Fiが無料で使えるのも魅力。私の経験上では結構使えて便利。

さて長くなったので、概要はこのくらいにして追加情報があればコメント欄に追記していこうと思う。

出張販売の○○フックに御用心!

こんな記事もあったのでご紹介。-ドコモ、「アハモでギガホ勧誘」景表法違反か-

実はよしさんの友人も最近この事例とそっくりの体験をしてものすごく怒っていたそうだ。ドコモではなくSBだけれど。私の推測では三大キャリアはどこも似たり寄ったりの販売手法を使っているのでは?私が7年前に足抜けしたのはこういう販売手法が大嫌いということもある。携帯事業にもIIJmioのような真っ当な商売が広がって欲しい。

 

三大キャリアから格安sim乗換えに必要な手順について” に対して4件のコメントがあります。

  1. yoshi より:

    2017年にmomoさんから手取り足取りの指導のもとauで購入したiphone6plusを格安simのmineoに乗り換え。データのバックアップの際必要なwifiはiijmioのsimをAtermMRO4LNに挿して使用。以来通信費の節約とmineoのユーザーフレンドリーなサービスを楽しんできた。

    今年になりiphone6plusのバッテリーの持ちが短くなり、バージョンアップも追いつかない。
    買い替えどきかなと思ったがiphone12シリーズは高嶺の花。悩んだが通信費のさらなる節約で楽天モバイルの一年無料のプランを試すことにした。楽天はiphoneX以上にしか対応していない…思い切ってビックカメラのオンラインショップでiphone12proを購入。
    3月29日に届いたら、早速データの移行、転出転入の手続きが待っている。ドキドキしながら未だになれない一連の作業に取り掛かることになる。そんな時にぴったりの情報提供大変嬉しいです。momoさん、ありがとう!!

    1. momo より:

      yoshiさんのコメントがなんとスパム扱いされていて、今気づきました。失礼しました m(__)m
      いよいよ本体&キャリア両方の乗り換えですね。3大キャリアと違って格安simの会社のMNPはとっても簡単なはずなのでyoshiさんなら大丈夫!バックアップもiCloudを使っているから簡単だけど、LINEのトーク履歴だけは気をつけてね。

  2. kazu より:

    もう完全にIT技術者・システム・エンジニアの仕事ですね。それよりも凄いかも。お見事です。

    1. momo より:

      kazuさん、褒めてくれてありがとう!SEの仕事ってやったことないけどこんな感じのことをやっているんですね。正直なところ質問に答えるだけなら簡単だけど、想像力をフル回転させて事細かに文章化するのがとっても面倒。でもこれって歳のせい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA