5月に提出した書道作品(草書・隷書)の検定結果は?

前回の検定では隷書が2段に、草書は4段にと、いずれも昇段という嬉しい結果だったけれど、今回は隷書だけが昇段というちょっと残念な結果に。

ゴールデーウィークの間もまじめに取り組んでいた割にはあまり上達しなかったのか、結局最終的に選んだものはお休み前に書いてあった作品ということになってしまったので、これも当然の結果と言えるのかも。でも今回は珍しく『草書も昇段して良いのでは?』なんて、先生やcleaさんに思わず訴えてしまった私。実は草書の出来栄えというのはよくわからないというのが正直なところ(笑)。

さて、次回こそは草書が昇段できるよう力一杯がんばろう!!!そして次次回には8段で放置したままになっている楷書と行書にも挑戦しなくちゃ。

すでに紹介済みではあるけれど今回の検定作品は下の2点。隷書は準3段に昇段、草書は4段のまま。

 

 

5月に提出した書道作品(草書・隷書)の検定結果は?” に対して2件のコメントがあります。

  1. 関本紀美子 より:

    momoさん
    書道の素養が全く無いので、何処を観るのか分からないのですが、型のあるものを極めていくのはかっこいいと思いました。
    全然コメントになっていなくてお恥ずかしいですが。

    1. momo より:

      関本さん、楷書や行書と違って隷書も草書もあまり馴染みがないから評価は難しいですよね。基本的には空間処理なので絵と共通するところがあると思いますけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA