石垣からのツイート集

三泊四日の石垣旅行から昨日戻りました!

現地から投稿したツイートを掲載した「竹富島と西表島を目指して石垣島へ」(本文の下の方に記載あり)はほとんど見てもらえなかったようでコメントゼロなので(悲)、ここで改めてご紹介したい。今のところ石垣島のミルミル本舗からの眺望(動画)を掲載したところで終わっているので、改めて項目別に整理した旅行記を掲載するつもり。

予定になかった石垣島のミルミル本舗に行った理由は西表島へ行く予定を諸事情で取りやめたから。前回私がぜひ行ってみたいと思っていたここは竹富島、小浜島、西表島、そして石垣島の名蔵湾を望む絶景と広大な放牧地がセットになっている快感係数マックスの場所。ここではお弁当食べたり、放牧地の端から端までお散歩したり、アイスを食べたり、猫にしつこく餌をねだられて閉口したり(笑)、放し飼いの牛さんとすれ違ったり、と自然の中ですっかりくつろぎの時間を過ごせて私は大大満足だけれど、松谷さんは川平湾にも行ってみたかった模様。まっ当然よね(笑)。あと一日あればね。

下の写真は竹富島の星砂で有名なカイジ浜でブランコに乗ったまつやさんとのツーショット。

竹富島の星砂浜にて-2

現地からのツイート

下記は現地からのツイートをすでに掲載済みのページから転載して追記したもの。元の記事を削除すると混乱の元なので、重複記事としてそのまま残しておくのであしからず。

それにしても現地到着した日は雨に迎えられ、晴れ女二人の旅にしては「あり得なーい」状態だったけれど、翌日は天晴れー!となって「やっぱりね」と納得。中2日の観光日はどちらも快晴に恵まれやりたかったこと、見たかったことはほぼ完璧に体験できた。唯一の例外は行きたかったカフェがお休みだったことくらいかな?

正面の船に乗っている学生服のグループに向けて行ってらっしゃーい。

歩いていたら突然目の前に登場! おじさんが三線弾きながら歌っていたけれど動画撮影は間に合わなかった。残念!

タイプミスで失礼。「楽しみにしてたのに.......」と書いたつもり。

このお店でランチする気満々で行ったのに、観光客が少ないせいでお休みらしい。他のお店もほとんど閉まっていた。それはともかくこのお店は機会があったら再度ランチに訪れたい。なぜって?何しろ景観が素晴らしいから。ガーデン席の雰囲気も、お店の周囲も自然の景色が美しくてここで一日過ごしたいくらいの場所だから。パラダイスカフェの看板に偽りなし。

アプリで調べてみるとマンゴーではなくパパイヤと出た。

この牛はまだ子供らしい。人懐っこくて近くにいた松谷さんにすり寄ってきた。おまけに差し出した彼女の手をペロペロ舐めて飲み込みそうな勢いだったらしい。すっかりおじけづいた彼女はそれ以降牛さんディスタンスをしっかりキープしていたのが可笑しい!

隣の空き地で黄色コスモスを撮影してたら、現地のおじさんがそばに来て「こっちの庭にはもっとすごいコスモスが咲いているよ」(そういう意味のこと)と教えてくれて写真を撮らせてくれた。確かに本土の花より一回りも二回りも大きくて立派なコスモスだ。ヤシの木とコスモス、そして珊瑚岩の組み合わせが南国らしい景観を形作っている。写真を撮らせてもらったお礼を言うと、実はこのおじさんの友人の家であることが分かった。どうもお庭造りを手伝ったこともあって自慢の庭ということらしい。

島に入ってすぐ目についたのが大勢の観光客が食べていたこのアイス。昔ながらの手作りアイスが大好きなので「食べたい、食べたい」と言って松谷さんに笑われた私。最初にシークワーサー(黄)、もっと食べたくなってミルクと2本も食べたけど、思いのほかおなかが冷えて困ることはなかった。イヤー美味しかったー!

西側ビーチの散策は特にコースを決めていたわけではないけれど、たまたま北から順に3か所の見どころを海沿いに歩いたことになる。最初に西桟橋、次にコンドイ浜、そして星砂で有名なカイジ浜。

竹富は島内が大きな植物園みたいなもので、集落内にも周辺のビーチ近くの林にも珍しい植物が咲き乱れていて感動の連続だった。竹富島観光した日の歩行距離は15kmもあってビックリ。

2日目は西表島へ行く予定だったけれど、水牛車で由布島へ行くためのバスが1日2往復しかないことがわかったので急遽予定を変更し、石垣のミルミル本舗のある丘へ。行きはタクシー、帰りは徒歩とバスで楽ちん&素晴らしい眺めを堪能できて二人とも大満足!

続きは改めて記事にする予定。

 

石垣からのツイート集” に対して10件のコメントがあります。

  1. チエ より:

    お帰りなさい。
    今頃楽しんでいるのかな、とか、無事に帰ってきたかな、とか思っていたのに、なんか毎日バタバタしていて、やっとブログ見ましたm(_ _)m
    旅だより、楽しいのがとっても伝わってきます。
    すてきな風景を見ながら、いろいろ想像が拡がります。
    私も松谷さんの話を直接聞きたい~(^o^)
    まとまったら、また報告してくれるとのこと、待ってます。

    1. momo より:

      チエさん、赤ちゃんはそろそろ外界の様子に馴染んできたかしら?
      ばあばの先輩であるまさばぁにもいろいろ助言してもらうと良いかもね。
      今回の二人旅は予定変更も含めて何から何までうまくことが運んで本当に良い体験ができましたよ。夫婦や家族で行くのもいいけど女同士で行った方が楽しさを共有できる範囲が広いかも。まつやさんの牛さんと戯れた体験はwebサロンでぜひ直接聞いてみてね。

  2. 新左エ門 より:

    こちらへの投稿を心待ちにしていました!!
    アイスおいしそー食べてみたい(笑)牛さんもいい表情(にんまり)
    景色もお花も南国ですね。動画からこちらにも海からの風が吹いてきて、私まで命の洗濯をしてもらったような気持ちになりました。昨日、携帯で写真を見たけど小さくてもったいないので、今日あらためてデスクトップのPCで大きい画面で見ましたよ。
    やっぱり旅はいいですね~。

    1. モモ より:

      新左エ門さん、大きな画面で見ると結構迫力あるでしょう?
      でもせっかくiPadで写真編集していい感じに仕上げても私のPCで見ると画質がだいぶ落ちてしまって残念なことに。新左エ門さんのPCが綺麗に見えるといいな。一枚一枚全て編集して一手間かけてるので。
      ブログ記事はどういう構成にすればいいか今考え中なのでもう少し待ってね。

  3. まつや より:

    小澤先生
    コメント遅くなりました!
    お疲れさまでした
    そしてお世話になりました

    美しい写真と旅の記録有難うございます
    ああ こんなに綺麗なところに行ってきたんだと改めて思います

    牛の話で盛り上がっているようなので、、
    私達 牛さんのテリトリーに遠慮なく入って
    しまった状態で あちらも遠慮なくベロベロ舐めて来たんだと思います
    背を向けて逃げると追っかけられるかも知れないのでなんとなーく距離をとって逃げたという次第です

    小澤先生 朝から食べたいと言っていたおばぉのアイスキャンディーが食べられて良かったですね
    しかし一本食べ終わったところでもう一本食べると言った時はビックリしました

    のんびりだけど楽しくて充実した一日でした

    1. momo より:

      本当に全てが楽しくて大満足の旅でしたね。目の保養、頭と心の洗濯かな?
      昔懐かしいあのアイス、こっちでも売ってくれないかなあ。

  4. yoshi より:

    この間何故か忙しくてモモさんからのTwitterにはアプローチできないでいるうちにもうお帰りなさい!なんですね。
    短い滞在なのに盛り沢山のお楽しみ情報、今日ようやくゆっくりみているところです。
    南国ののんびりした風景に癒されます。
    松谷さん子牛に懐かれてドキドキでしたね。
    又zoomで感想聞きたいです。

    1. モモ より:

      あらら、yoshiさんも見てなかったのね。この時期みんな忙しいんですよね。私たちはたっぷり時間があって申し訳ないような(笑)。まつやさんの武勇伝はzoomで直接聞いた方がおもしろいかも。楽しみにしていてね。

  5. モモ より:

    cleaさん、ツイートが表示されなかったのは残念でしたが早速ブログの方を見てくれたんですね。牛さんとまつやさんとの一件はかなり衝撃的体験だったようで本人からも何かしらコメントがあると思いますのでお楽しみに。撮影した写真も動画もすごい数なのでいつものように整理や編集に時間がかかりそうですが、なんとかまとめて掲載するようにしますね。

  6. clea より:

    お帰りなさい!
    お天気に恵まれたようで良かったですね(^^♪ 

    ツイート楽しみにしていたのですが、フォローしている筈なのに、なぜかタイムラインに表示されず、リンクからまとめて拝見しました。
    南国の写真の数々、心がふわぁ~~っと開放されて、見ていて飽きないです。
    牛さんと松谷さんのやり取りを想像して、笑ってしまいました(笑)

    日本って本当に、変化に富んだ国ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA