iPhoneのバックアップ方法-iPhoneだけで済ます派かパソコンも利用する派か?

最近自分がiPhoneを使うようなったせいか、周囲のiPhoneを使っている人が目につくようになった。そうなると気になるのは「みんなバックアップはどうしているんだろう?」ということ。スマホの場合は予期しない時に落としたり水没させたりして突然壊れてしまうこともあるし、買い替えなどで使用中のアプリやデータをそのまま引き継ぎたい場合もあるのでバックアップ必須であることに異論はないはず。

大抵の人はAppleのクラウドサービスであるiCloudを契約して自動的にバックアップするか、PCを持っている人ならiTunesを使ってパソコン内にバックアップするかの二択が定番になっているのではないだろうか。

webサロン仲間のyoshiさんはiPhoneひとつですべてを完結するスタイルを堅持していて、私のPC&スマホというスタイルは今や古い世代になってしまった感もあるが、私たち二人のバックアップ方法を紹介すれば他のiPhoneユーザーの参考になることもあるのでは?ということになり、ここであらためて紹介することにした。

1.iPhoneだけでバックアップする方法

まずはiPhoneですべてを完結するyoshiさんの事例から紹介すると。

時々iPhoneから「そろそろバックアップしてね」的な催促メッセージが表示されるので、そうしたらwi-fiに接続してiCloudにバックアップを行っているとのこと。現在のバックアップ量は50GBにも満たないが、少し余計にスペースが必要ということでiCloudのストレージは200GB(月額400円)で契約しているそうだ。

今後他の方法を使うとしたら、Lightning端子に接続するフラッシュドライブにバックアップする方法くらいしか思いつかないけれど、それがもし不都合でなければ代わりに二つのメリットが得られることになる。ひとつはiCloudの月額400円が不要になること。もうひとつは今のところバックアップに必須とされているwi-fi接続も必要ではなくなるので、そのためだけにキープしているIIJmioの回線契約が不要になる(税込月額858円)。〆て月額1,258円の節約になる計算だ。

今iPhoneで契約している楽天モバイル(今のところは無料)の動向や、IIJmioの大容量オプションの動向などを見定めながら来年春には変更する予定なので、それまでは今のやり方を続けることになりそう。

2.パソコン内のSDカードにバックアップする方法

私の場合、昨年末にスマホをiPhoneに換えるまではiPadしか使っていなかったので、長い間定番アプリのiTunesを使ってPCにバックアップを取ってきた。ただiTunesの使い勝手があまり好きではなかったので、iPhoneユーザーになったのを機に他の方法を検討してみることにした。で、見つけたのはiMazingというアプリ。iPadもiPhoneも、このアプリを使ってPCに挿したSDカードにすべてのバックアップファイルを保存するようにした。もちろん設定さえしておけばケーブル不要のwi-fi接続で決められた日時の自動バックアップも可能だ。

iTunesより柔軟に対応できるiMazing

iMazingはiTunesより柔軟なバックアップが行える上、操作パネルもわかりやすくて好印象だったのでまずは使ってみることにした。転送できる項目数に制限はあるものの、とりあえず全機能にアクセスできるお試し版もあるので興味のある人は体験してみると良いと思う。iMazingの「よくある質問」ページはこちら

無料で試せるアプリをダウンロードするには下の画像をクリック

iMazingダウンロードサイト

私が実際に購入したのはソースネクストのwebサイトから。このショップの登録ユーザーである私はiOS端末2台まで使えるものを割引価格の税込2,948円で購入することができた。このサイトのiMazingの商品ページには主な特徴が記されているので、それを抜粋してみると以下のとおりとなる。ごく簡単に言ってしまえば、iTunesより扱いやすく機能面でも柔軟性に優れているっていうことだろうか。(説明文の原文はこちら)

どんなソフト?

  • ワイヤレスでiOS端末とPCを接続し、データの移動やバックアップなどができる(ただし初回のみケーブル接続が必要)
  • 写真や音楽などのデータはドラッグ&ドロップで簡単に転送でき、自動バックアップにも対応
  • 複数台のPCにデータを転送できるので、PCごとにバックアップのデータを分けたり、
    容量が大きいファイルをPCに移動して、iOS端末の容量を増やしたりできる
  • 標準の管理ソフトiTunesにはない便利な機能が搭載されており、操作も簡単
  • iPhoneやiPadはもちろん、Apple TV、iPod TouchやiPod Classicなどにも対応
    iOS端末は2台/3台/5台、PCは台数無制限で利用できる

こんな方におすすめ

  • PCとiPhoneのデータ移動やバックアップに毎回ケーブルを接続するのが面倒
  • iPhoneの空き容量が少ないので、容量が大きい不要なファイルを探して消したい
  • 音楽やメッセージなど、特定のファイルだけ移動させたい

特長

  • iOS端末とPCの双方向に、どのファイルでもドラッグ&ドロップで簡単移動
  • 頻度を設定するだけで、自動バックアップ
  • 過去のバックアップデータも残せる  など

バックアップデータはSDカードに一括保存

バックアップデータの保存先にはグッドメディアで購入したサンディスクのSDカード200GB(税込2,950円)を使用している。これなら万一PCが壊れてもカードからバックアップデータを取り出せるし、日常の管理もしやすくてとても助かっている。

サンディスクSD-200GB

なおiPhoneやiPadで撮影した写真と動画はそれぞれの端末内には保存しないで、別途iCloudの50GB(月額130円)を契約してそちらに自動的にアップロードするようにしている。そうしたらiPhoneとiPad両方から同一の写真を閲覧したり編集できたりして取り扱いがとっても楽になった上、各端末の空き容量も気にしなくて済むようになった。更にありがたいことは、同じような写真があちこちに散逸してどれを消したら良いのか悩むということがなくなったこと。実はこれが意外とストレスの元だった(笑)。

何はともあれ今考えられるベストな使用方法を見つけられてとてもすっきりした気分の今日この頃だ。

 

iPhoneのバックアップ方法-iPhoneだけで済ます派かパソコンも利用する派か?” に対して2件のコメントがあります。

  1. yoshi より:

    シンプルでお金のかからない究極のライフスタイルを目指すというと聞こえはいいけれど、単にものぐさで貧乏なだけ(^^)
    そのかわりたっぷりの時間持ち。
    モモさんのあくことなき探究心とその結果の発信にはただただ感心し、ありがたく参考にしています。

    来年4月、楽天モバイルの無料サービスが終わるまでに、iPhoneバックアップの最良の方法考えることにします。

    今のところは、楽天モバイル月に50ギガくらい使い、リンクアプリを利用しての電話で月々ほぼ0円!これはなんともありがたい、その代わり楽天ショップを時々使うようになりました(^^)

    1. momo より:

      月に50GBも使うとなればやっぱり「データ量使い放題」の契約が必須となりそう。
      IIJmioが新料金プランを出してくれるのがベストだとは思うけれど、今あるプランで考えてみたら、IIJmioひかりとIIJモバイルのギガプランの合計で、税込4,554円(モバイルデータ2GB)で済ますこともできますね。これより条件が良いものがあるかどうか。家に安定回線があると快適ですよ~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA