iPhoneがマスク着用でも顔認証可能に(iOS15.4)

待ってましたぁ! 長いこと不便な思いをしてきたiPhoneのFaceIDだったけれど、とうとうiOS15.4が配信された3/15からはマスクをしていても認識できるようになり今までの不満を一気に消し去ってくれた。

マスクに対応してなかったこれまでのFaceID

今まではマスクをしているとiPhoneのロック解除時にいちいちパスワードを入れなくてはならず、キャッシュレス決済時など急いでいるときには煩わしく感じることが多かった。大抵の場合、ロック解除→アプリ立ち上げ→コード読み取りなどの一連の作業を行わなければならないからだ。せめて指紋認証なども選べるようになっていれば不自由しないで済むのに、、、と思っていたが、今回のアップデートのお陰でマスクをしていても顔認証可能となりいつでも快適に使えるようになった。

マスクOKになったのはiPhone12以降と限定付き

ただし、いくらiOS15.4にアップデートしても使える機種はiPhone12シリーズ以降に限定されている。Appleの公式サイトの正式な説明によれば以下のような記述がある。(一部抜粋)

iOS 15.4

iOS 15.4では、iPhone 12以降を対象に、マスクを着用したままFace IDでロックを解除できる機能が追加されます。このアップデートには、新しい絵文字のほか、SharePlayのセッションを対応Appから直接開始できるオプションが追加され、iPhone用のその他の機能およびバグ修正も含まれます。

対応機種が限定されていることで、それ以前の機種を使っているユーザーたちからブーイングの嵐ということになりそうだけれど、ハード的に無理なら仕方ないのかな?

マスクだけでなく複数の眼鏡にも対応

私のiPhoneは12proなのでこの対象に含まれるのと、このアップデートをず〜〜っと心待ちにしていた者として本当にほんとうにうれしい! まあ、マスクをしなくて済むようになればこの機能をありがたいと思う人は少なくなるかもしれないが、冬は風邪を引く人、春先は花粉アレルギーでマスクが必要な人もいるわけだから、平常時でもこの機能で救われる人は結構いるはずだ。

また、今回はマスクのことだけがクローズアップされているが、眼鏡をかけたり外したりする人、複数の眼鏡をかけ替える人などにも朗報となりそうだ。私はAndroidからの乗り換え組なのでよく知らなかったのだけれど、マスクをしてなければメガネの有無には関係なく以前のバージョンでも認識できていたらしい。ただ、今回はマスクして更にメガネを変えてもちゃんと認識してくれるわけだから、メガネをかけている人には更に利便性が向上したと言えるのではないだろうか。

FaceIDの登録

私の場合普段は眼鏡をかけていることが大半なので、Face IDを登録するには指示に従い3回のスキャンを行った。1回目、2回目は眼鏡をかけてスキャン、3回目は眼鏡をはずしてスキャン、3回ともマスクはつけなくても登録できる。

 

マスク+未登録の眼鏡でもテストしてみた

念のため一応正しく機能するかどうか確認のため、マスクを着けて試してみたところ問題なくロック解除されたのを確認。次に登録していない別の眼鏡をかけて試してみたところ、左下の写真のように「下を向いてロック解除」と表示されたので、指示通りに下を向いてみると右下の鍵が外れた形の画像が出てきたのでそのままスワイプしたらさっとホーム画面が表示された。これなら複数の眼鏡を使っている人でもいちいち登録しなくても大丈夫かもしれない。

なお、Appleの公式サイト内では下記のように「メガネを追加」で設定するよう説明されているので、いちいち下を向くよう指示されるのはイヤという人は説明に従って設定しておいた方が良い。私はお試しでやってみただけでマスク+別メガネを使うことはないので追加登録はしないけれど。

メガネやマスクの着用時に Face ID を使う方法

メガネをかけている場合は、メガネをかけたまま「マスク着用時 Face ID」を設定することで、この機能の精度を高めることができます。この作業は、Face ID の初回設定時でも後からでも行えます。Face ID にはメガネを最大 4 本追加できます。

  1. 「設定」を開いて「Face ID とパスコード」をタップします。
  2. 下にスクロールして「メガネを追加」をタップします。
  3. 確認メッセージが表示されたら「続ける」をタップし、画面の案内にそって設定します。

「マスク着用時 Face ID」を使うには、Face ID で目とその周辺をはっきりと認識できることが必要です。「マスク着用時 Face ID」は、サングラスの着用時に使うことは想定していません。

何はともあれ、マスクや眼鏡など容姿の違いにもうまく対応してくれるのはとても便利になったと思う。化粧の違いや髭の有無さえ識別するということだから、自分のために使うには大いに役立つのは間違いないが、これが悪用されるとどんな弊害が出てくるのだろう。このあたりのことも注意深く見守っておく必要がありそうだ。

なお設定方法の詳細についてはAppleの公式サイトiPhone 12 以降でマスク着用時に Face ID を使うを参照のこと。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA