ようやく見えてきたコロナの真実

★この記事で紹介しているYouTube動画は事情により有料のニコニコ動画に移動済みのためここでは視聴できなくなりました。申し訳ありません。m(__)m

コロナに関しては日本ではほとんど集団免疫状態だと言うのに、相変わらず騒ぎ立てているマスコミには怒りを通り越してあきれるしかない。ただ自分や身近な人間がそう思っているだけでは、間違った情報に踊らされた大多数の人たちからの同調圧力になかなか対抗できそうもないのが現実だ。しかも自分が信じる情報が100%正しいと言い切るほどの自信はないし、こんな先生の登場を心から待ち望んでいた。

今回松田氏の対談シリーズに登場されたのが、大阪市立大学名誉教授の井上正康先生だ。上久保先生の理論とも重なるところがあり、私はこの話を聞いて心の底からスッキリできたので、他の人たちにもぜひ紹介したいと思って取り上げてみた。国や都で現在行われているコロナ対策の軌道修正にもぜひ一役買ってほしいと願っているのだけれど......

遺伝子ワクチンのことはwebサロンでもよく話題になっていたけど遺伝子いじるのはやっぱり心配。因みにyoshiさんも私も打たない派。

続編はこちら

ようやく見えてきたコロナの真実-2(感染再拡大の理由も)

前回の記事で紹介された内容を更にわかりやすくしたのが下の動画。上久保先生が以前から懸念していた11月からの感染再拡大の理由が再度説明されているので必見!これを見…

 

ようやく見えてきたコロナの真実” に対して2件のコメントがあります。

  1. yoshi より:

    この動画を二度みてわたしもとてもすっきりしました。
    新型コロナが日本で発見されたとき以来のメディアの取り上げ方は異常でした。多くのテレビを見ていた人たちが一斉に怖い怖いと言い出し、マスクをし始め神経質なほどの手洗い、消毒。店や役所のカウンターにはビニールカーテンがされて、フェイスシールドも登場。
    石油ショックの時の買い占めなど可愛いものだと思うほど。

    科学的とかエビデンスに基づいた知見などどこかに吹き飛び、みなさん同調圧力に屈して色んな意見も言えなくなるなか、ほとんどの臨床のお医者さんたちは、わかっていたんですね。

    風邪にたいしての予防は今のところ玉子酒を飲んで3日寝ているに代表されるように特効力はないようですね。

    抗体のこと、PCR検査のこと、新型コロナのワクチンのこととても勉強になりました。
    あと感染症指定2類を5類にすることは医療崩壊を防ぐ一つの方法だと、政治家は勉強して早く対処してほしいですね。

    新型コロナより怖いのは、たまたま感染した人や周りの人が差別され、中には命まで奪われた人がでたこと。
    テレビウィルス(^^)に気をつけたいですね。

    1. momo より:

      本当にコロナ脳、テレビウイルスには要注意ですね(笑)。政策を担う責任者とメディアが今すべきことは人々を脅かすことではないはず。医療崩壊を本気でくい止めたいなら2類を5類に変えるのが最優先のはずなのにね。これを検討するよう引き継ぎされたはずの菅さんはなぜやらないのでしょうか?どこかの利権集団から脅されているのかと勘ぐりたくもなりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA