ウシオ電機の光殺菌技術Care222でコロナに対抗

昨日のwebサロンで話題に上ったコロナの光殺菌装置(Care222®)について記事に取り上げてほしいというリクエストがあったので、改めてこちらでも紹介しておくことにした。詳細はウシオ電機のwebサイトで確認してもらうとして、ここでは簡単なポイントだけを紹介しておきたい。

ウシオ電機の光殺菌技術Care222とは?

以下はウシオ電機のwebサイトから関連する箇所のみ抜粋して箇条書きにまとめたもの。

  • ウシオ電機の光殺菌技術 Care222® というのは、紫外線の波長222nm(ナノメートル)を照射することで新型コロナウイルス等の抗ウィルス・除菌を行う技術のこと。
  • 紫外線UVC(波長280~200nm)はその殺菌効果が広く知られており、100年以上も前から殺菌用光源として人工的に作られ利用されてきた。しかし、有人環境で照射すると、皮膚がんや角膜炎を発症させる危険があるとして、その用途は限られてきた。
  • コロンビア大学のDavid Brenner 教授により、波長222nmをピークに持つエキシマランプと光学フィルタを組み合わせて人体に有害な波長域の紫外線放射を除去し、ウイルス・細菌の不活性化効果のみを選択的に活用することに成功。
  • ウシオ電機はこの技術に関する基本特許の全世界における独占実施権を取得済み。(これにより、ウイルス除去のための有人環境での紫外線照射が可能となった)

製品販売は以下のように行われた。(その後順調に設置場所を増やしている模様)

神戸大学と行った実証実験

なお、共に実証実験を行った神戸大学のwebサイトにも「皮膚がんなどの発症なし 222nm紫外線(UV-C)繰り返し照射の安全性を世界で初めて実証 -医療分野や日常での殺菌・消毒の用途拡大に期待-」との記事が掲載されている。

私の好きな投資先はこういう会社

因みに私はウシオ電機の製品作りの姿勢に惚れ込んで1年ほど前に株主になった。(当時とっておき情報として書いた記事はこちら) 私の好きな投資先は技術力が高く堅実な会社、たとえ地味でもオンリーワンを貫けるような会社を応援したいと思っている。とはいえ、そういう会社の株価が急上昇するとは限らない(むしろ地味で注目されない傾向も)。でも、この会社の株を買ってまだ1年半しか経っていないのに、すでに投資額の1.5倍の株価になっていてちょっと、いや、とっても嬉しい!

そういえばIIJmioのインターネットイニシアティブ(こちらも株主)の株価は気づいたらなんと3倍にもなっていて我ながらびっくり!

ウシオ電機の光殺菌技術Care222でコロナに対抗” に対して2件のコメントがあります。

  1. チエ より:

    momoさん、投稿ありがとう、
    こういう会社に私も期待したいです。
    非接触型の体温計のようなものやもっと小さい持ち歩けるものなど、個人が購入出来る製品を作ってくれないかなあと思います。
    あちらこちらで消毒液を使って手が荒れるのが解消されるわね。
    日本には、目立たなかったり知られていないけれどすばらしい会社がいろいろありそうですね。
    また教えていただけると嬉しいです。

    1. momo より:

      チエさん、個人向けには新築住宅のトイレなどへの設置から始まりそうな気がしますね。光消毒の習慣が広がればハンディタイプの光源も開発されるかもしれませんけど。
      私の希望としては、マスクを外す場所、特に飲食店の天井照明に組み込む首振りタイプとか、公衆トイレの便座などを照射するタイプなどが感染防止に役立つのでは?と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA